ステッカーの活用例

ステッカーの活用例 国内には、主に昭和から平成初期に掛けて製造販売されたバイクの愛好家が集う旧車會のイベントが開催されています。
旧車に対して個性や感性を発揮させたカスタムやドレスアップを施しているバイクの参加者が圧倒的に多く、イベントには多くの方々が参加をしているので注目度を高めることに専念する方も大勢存在しています。
旧車に似合うデザインにすることが前提にあり、ステッカーはその役割を果たせる簡単なアイテムと考えられます。
活用例はいくつかあり、タンクに貼ったりテールエンドに貼ったり、マフラーに貼る方も存在しています。
他にもカウルやヘルメットにも施工する方が多く、あると無いとでは車体全体のイメージが大きく異なる要素があります。
旧車會用の場合は、英語表記でスタイリッシュ、近未来的など目新しいデザインのものは避けるべき活用例になり、せっかくの旧車のデザインを台無しにしてしまいます。
車体が製造された年代に合わせたデザインにすることを掲げて、当時物に近いステッカーは漢字やカタカナ、平仮名を用いたデザインの方が違和感を感じない状態を保てます。
活用例の中には、自作で当時物に近いオリジナル品を製作する他、ネット通販でも購入できる家紋や梵字などのデザインを利用する方法もあります。
全体のバランスを考えた旧車用のデザインに限定すると、貴重なドレスアップの一つのアイテムとして活用できます。

旧車會仕様のバイクでステッカーを利用するメリット

旧車會仕様のバイクでステッカーを利用するメリット 旧車會仕様のバイクには、様々なステッカーを貼る人も少なくありません。
一般的にこれらのものを貼り付ける事は非常にイメージを損ねる印象があり、あまり好まれないものですが旧車會仕様の場合にはこれが非常に効果的なものとなっています。
その理由は旧車會には昔多くのライダーたちが憧れた暴走族のようなイメージがあり、その統一感を演出するためにも非常に適したものと考えられているためです。
ツーリングチームなどで同じものを貼ることで、外から見ても一目で仲間だということがわかり、周りの自動車なども注意を払ってくれるのもメリットとなっています。
さらにステッカーは簡単に張り替えることができるので、旧車會仕様でドレスアップをしたい場合でもその時の気分に応じて自分の好みのものを利用することができると言うのもポイントです。
現在のスクータータイプなどではデザインの統一感が非常に固まっているために、そのイメージを壊してしまう恐れがありますが、旧車の場合には全体を引き立てる非常に良いアイテムとなっています。