人気のあるバイクの車種を紹介

人気のあるバイクの車種を紹介 旧車會とは、1970年代から1980年代に販売されていたバイクの愛好家の集まりのことを指します。
若い世代の集まりである暴走族と比較して、年齢層が幅広いのが特徴です。
また、暴走族のようなバイクに乗っていますが、法律を守って走行している点も大きな特徴と言えます。
旧車會に人気のバイクの種類に、ホンダのCBX400Fがあります。
こちらは1981年に発売されたネイキッドバイクで、当時の480㏄クラスのバイクの中では最高出力にあたる48馬力を記録しています。
独特なホイールとテール形状をしていて、現在でも人気のため当時の価格の2倍になる100万円の値がつくこともあります。
同じくホンダのJADEも人気の車種です。
こちらは1991年に発売されたもので、排気量は250ccクラスのネイキッドモデルになります。
カムギアトレーンの独特な音が魅力ですが、好き嫌いが分かれる点でもあります。
中古で30万円程度と比較的安価で購入できるのも魅力です。

旧車會の違法改造されたバイクは車検に通るのか

旧車會の違法改造されたバイクは車検に通るのか 暴走族と言えば一昔前は夜間に騒音を出しながら暴走するような集団をイメージしますが、現在はバイク愛好家ともされる旧車會が人気となっています。
彼らは日中に比較的迷惑をかけないように走行する事が多いのですが、バイクを確認してみると明らかに改造を施しているタイプも見受けられます。
車検に適合する条件はいくつもありますが、その中でもマフラーやハンドル、ヘッドランプなどの部分はサイズなどの規定が細かく指定されています。
旧車會が愛好しているバイクにもやはり違法改造をされているバイクも少なくなく、そのカッコよさをアピールする場合もあります。
しかし暴走族とは大きく異なる点が、迷惑行為を行う者が比較的少ないこと、バイクも規定範囲内でのカスタマイズにとどめている者も多くいらっしゃる事も事実です。
中には車検を通すとまた元の違法改造に戻してしまうユーザーも存在しますが、安全に迷惑行為をせずに楽しむ範囲であれば周囲の理解度もアップするかも知れません。